Blog

Cryptocurrency

Cryptocurrency

A Year into Russia’s War on Ukraine, Cryptocurrencies Continue to Play a Key Role

It has been one year since Russia invaded Ukraine, forcing millions to abandon their homes, shelling major cities, and escalating…

An aid worker surveys earthquake damage
Cryptocurrency

Crypto Donations Provide Fast Relief for Earthquake Victims in Turkey and Syria

With a death toll now surpassing 47,000, the devastating earthquake on February 6 in Turkey and Syria have left many…

An aid worker surveys earthquake damage
Cryptocurrency

暗号資産による寄付がトルコ・シリア大地震の犠牲者の迅速な救済に貢献

2 月 6 日にトルコとシリアで発生した壊滅的な地震による死者は、現時点で 4 万 7,000 名に上り、世界の多くの人々が無力感を抱いています。このような惨状に加え、両国の政治的緊張によって物流が困難となり、いずれの国の犠牲者も援助を受けることが困難な状況に陥っています。このような規模の人道的危機が発生すると、人々が救援活動に寄付したいと望んでも、どこに寄付したらよいのか分からなくなることが少なくありません。最大の関心事は、どうすれば資金を本当に必要な人にできるだけ早く届けることができるかということです。 このような時勢において、暗号資産は人々への迅速な支援に向け、重要な役割を果たしてきました。例えば、何百万ドルもの暗号資産がウクライナ支援のため提供されています。暗号資産の利用者は、ロシアによるウクライナ侵攻開始直後の 2022 年 3 月 28 日時点で、既に 5,600 万ドル相当以上の暗号資産をウクライナ政府が用意したアドレスに寄付しているほか、デジタル通貨を受け入れる慈善団体への寄付も行っています。トルコ・シリア大地震の犠牲者救済に対しても、暗号資産が同様の役割を果たせる可能性があります。 Chainalysisでは、現在までに約 590 万ドルの寄付が行われたと推定しており、これは暗号資産がいかに国境を超えて資金を送るための実用的な手段であるかということを示しています。資金を受け取った団体には、トルコ内務省地震人道支援キャンペーン、トルコ赤十字社、セーブ・ザ・チルドレン、Project…

man sitting at desk looking at a monitor with a woman standing on his right and leaning her hands on the desk
Cryptocurrency

How to Evaluate Blockchain Analysis Tools

Successfully operating a crypto business requires tools that help your organization monitor transactions, identify potentially suspicious activity, and address it…

Cryptocurrency

Crypto Money Laundering: Four Exchange Deposit Addresses Received Over $1 Billion in Illicit Funds in 2022

Money laundering is crucial to all financially motivated crime because it’s what enables criminals to access the funds they generate…

Cryptocurrency

[CHAINALYSIS PODCAST EPISODE 29] Could Regulatory Ramp-Up Position Australia As “Silicon Valley” Of Crypto?

Episode 29 of Public Key, the Chainalysis podcast, is here! In this episode, we talk with Caroline Bowler (CEO, BTC…

Cryptocurrency

Reporting Obligations of the OECD Crypto Asset Reporting Framework

The OECD recently published their framework designed to help tax authorities administer tax rules when taxpayers invest in Crypto-Assets outside…

Cryptocurrency

OECD暗号資産報告フレームワークの報告義務について

OECDは最近、納税者が居住国以外の暗号資産に投資する際に、税務当局が税規則を管理するのに役立つよう設計されたフレームワークを発表しました。このフレームワーク”Crypto-Asset Reporting Framework”(”CARF”)は、暗号資産取引所(および顧客に代わって暗号資産を取引する特定の企業)に対して、以下の情報を各税務当局に報告するよう求めています。 顧客の属性  取引の情報 個人ウォレットへの送金 各税務当局は、暗号資産投資家の税務上の居住者である国の税務当局へこれらの情報を送ります。 例えば、オーストラリアの税務当局は、英国の納税者がオーストラリアの取引所で行った暗号資産取引の情報を英国の税務当局に送信することになります。こうした取り組みは、株式や債券などの伝統的な金融資産に対する、国境を越えた投資活動における要件と一致します。 従来の取り組みについては、Common Reporting Standard(100カ国以上が加入)およびFATCAを参照してください。  CARFは、米国や他の国で開発中のデジタル資産に関する情報報告フレームワーク(CARFの追加要件)と同様に、次の3つの事象に対応しています。 多くの国内納税者が暗号資産取引から生じる納税義務を満たしていない可能性があると公に報告されていること デジタル資産を含む活動の大部分が本質的に国境を越えて行われていること 多くの納税者が暗号資産を自己保管し、あるいは個人ウォレットから取引していること。  CARFには、4つのパートがあります。 対象となる暗号資産  データ収集・報告義務の対象となる事業体及び個人 報告対象となる取引及び当該取引について報告すべき情報 暗号資産ユーザー及び実質的支配者を特定し、報告及び情報交換に関連する税務管轄を決定するためのデューディリジェンス手順…

Cryptocurrency

Latin America’s Key Crypto Adoption Drivers: Storing Value, Sending Remittances, and Seeking Alpha

Latin America is the seventh largest cryptocurrency market in our index this year, with citizens of Latin America countries receiving…

Cryptocurrency

Eastern Europe’s Crypto Market Active, With Spikes in Last Year Driven by Russia-Ukraine War

Eastern Europe is the fifth-largest cryptocurrency market we study, with $630.9 billion in value received on-chain between July 2021 and…

Cryptocurrency

Middle East & North Africa’s Crypto Markets Grow More Than Any Other Region in 2022

Middle East & North Africa (MENA) may be one of the smaller crypto markets in the 2022 Global Crypto Adoption…

Cryptocurrency

How Cryptocurrency Meets Residents’ Economic Needs in Sub-Saharan Africa

Sub-saharan Africa accounts for the least cryptocurrency transaction volume of any region we study, with $100.6 billion in on-chain volume…

Cryptocurrency

Crypto Adoption Steadies in South Asia, Soars in the Southeast

Central & Southern Asia and Oceania (CSAO) is the third largest region in our global crypto adoption index this year, with citizens of CSAO countries receiving $932 billion in cryptocurrency. It's also home to seven of the top twenty countries by rank. In this Geography of Cryptocurrency Report preview, we explain why.

Geos Report Cover with a stylized image of a globe centered on Africa and Europe
Cryptocurrency

The 2022 Global Crypto Adoption Index: Emerging Markets Lead in Grassroots Adoption, China Remains Active Despite Ban, and Crypto Fundamentals Appear Healthy

We’re excited to share with you Chainalysis’ 2022 Global Crypto Adoption Index. For the third consecutive year, we ranked all…

Cryptocurrency

Cryptocurrency Markets Aren’t Liquid Enough for Mass Russian Sanctions Evasion

One question many have asked is whether or not cryptocurrency markets have enough liquidity to allow for mass sanctions evasion…