Blog

Data

Data

Challenges and Opportunities in Cryptocurrency Sanctions Compliance and How Blockchain Analysis Can Help

This year, the research team at Chainalysis found that illicit activity in crypto reached an all-time high in 2022. Why?…

Data

Crypto Money Laundering: Four Exchange Deposit Addresses Received Over $1 Billion in Illicit Funds in 2022

Money laundering is crucial to all financially motivated crime because it’s what enables criminals to access the funds they generate…

Data

Ransomware Revenue Down As More Victims Refuse to Pay

2022 was an impactful year in the fight against ransomware. Ransomware attackers extorted at least $456.8 million from victims in…

Data

2023 Crypto Crime Trends: Illicit Cryptocurrency Volumes Reach All-Time Highs Amid Surge in Sanctions Designations and Hacking

Every year, we publish our estimates of illicit cryptocurrency activity to demonstrate the power of blockchains’ transparency – these kinds…

Data

How 2022’s Biggest Cryptocurrency Sanctions Designations Affected Crypto Crime

Agencies like the Office of Foreign Assets Control (OFAC) of the U.S. Department of the Treasury and its equivalents in…

Data

波乱に満ちた週明けの暗号資産市場の状況

今週は、暗号資産史上、最も波乱を巻き起こした週でした。世界最大の取引所の1つであるFTXの将来は、現在疑問視されています。ここ2日間でネイティブのFTTトークンが 84%急落し、買収される仮契約が昨日の午後に打ち切られました。その結果、暗号資産価格は全体的に下落しています。全て3日間の低水準から戻りましたが、bitcoin(BTC)は月曜日から14%下落し、Ether(ETH)は17%下落し、Solana(SOL)は特に影響を受けており、43%下落しました。 市場は急速に変化しており、今すぐ短期から中期の予測を試みることは無意味です。長期的に見れば、Chainalysisは暗号資産はどんな嵐にも耐えられると確信しています。過去には多くの低迷がありましたが、貯蓄を維持し、日々のビジネスを行うために暗号資産に依存している新興市場の多くのユーザーを挙げれば、世界における業界の価値を再認識できるでしょう。しかし、当面の間、投資家は神経をとがらせ、市場がどのように反応しているのか、価格を超えた兆候を探していくでしょう。そこで、いくつかのチャートをまとめました。これは、オンチェーンデータに基づいて、暗号資産の世界で現在起こっていることについての当社の見解を概説したものです。 取引所への資金流入は安定している 中央管理型取引所は、ユーザーが暗号資産を取引して現金に換金する場所です。したがって、市場が極めて不安定なときには、投資家は取引所により多くの資金を移動させて、取引を通じて優位に立つか、法定通貨に移行することが予測されます。しかし、今のところ、10月26日から現在までの1時間あたりの純流入量を追跡しているグラフで分かるように、取引所への純流入量は大幅には増加していません。 11月7日、取引所への流入がわずかに増加し始めました。この日、ツイッター上で他の暗号資産会社によるFTTの大規模な売却があるという噂が流れ、FTXの健全性をめぐるパニックが拡大しました。しかし、純流出となっている時間帯も多くあります。総合的には、11月7日以降の取引所への流入は直前の日と比較して変動がありましたが、それ以前の数週間ほど変動はしませんでした。ボラティリティが増大している時、ましてや今目にしている極端なボラティリティの際に予測されるような大規模な流入は見られません。 投資家は安定性のために米ドルに移行しているのか? ボラティリティとパニックの時には、暗号資産ユーザーは法定通貨の安定性でシェルターを探すことが予測されます。これには2つの方法があり、米ドルのような法定通貨に固定されたステーブルコインの取引や、完全に清算して法定通貨と暗号資産を交換することが挙げられます。全体として、暗号資産の支持者は、後者よりも前者を見ている可能性があります。投資家がステーブルコインと交換する場合、一時的に保有資産の価値を維持させようとすることが多く、再取引の準備ができたときにはいつでも標準的な暗号資産に簡単に切り替えられるようにしておきます。一方で、彼らが法定通貨と交換した場合、それはより長い期間、あるいは永久に暗号資産から離れる意図を示す兆候かもしれません。以下で両方を見てみましょう。 以上、10月26日から現在までの資産タイプ別取引量の24時間ローリング平均を見てみました。ステーブルコインの取引量は11月7日まで同じ基本パターンで流れています。その時点で、FTXの状況が悪化し続ける中、ステーブルコインの取引量は11月10日の朝まで急増し、2週間の高値を越えました。データは、市場が不安定になるにつれて、多くの投資家が確かにステーブルコインに逃れたことを示唆しています。 しかし、法定通貨とのスワップはどうでしょうか?そのためには、オンチェーンの世界から一歩踏み出す必要があり、Kaikoが提供する取引所のオーダーブックのデータを見てみる必要があります。 この状況はステーブルコインと似ていますが、増加はそこまで顕著ではありません。ここでも、暗号資産から米ドルへの取引の安定した上昇が11月7日に始まり、11月8日には大幅な急増が続き、11月10日の午後6時(UTC)/午後1時(EST)には取引がピークに達し、11月10日の終わりまで上昇した水準を維持していることがわかります。それ以来、これらはほぼ通常のレベルに戻りました。パターンは、ステーブルコイン取引量で見られるものとほぼ同じですが、法定通貨へのスワップは、ユーザーが長期的に暗号資産ポジションから立ち去ることをより示しているかもしれません。 継続的な市場の監視 率直に言うと、FTXのような業界の大手の予想外の崩壊は、暗号資産にとって非常にマイナスの影響を及ぼしており、その結果として生じる市場の混乱はそれを一層強めています。しかし、暗号資産はこれまでこのような事象を乗り越え、より強くなり、新たな高みに達してきました。当社は資産価格が最終的に回復し、暗号資産が再び普及・成長を続けていくことを予測しています。今後も引き続き市場を注視し、今後の新たな市場の動きや兆候について可能な限りお伝えしていきます。 本資料は情報提供のみを目的としたものであり、法律、税務、財務、または投資に関するアドバイスを提供することを目的としたものではありません。本レポートの読者は、投資判断を行う前に自身のアドバイザーに相談する必要があります。  本レポートには、Chainalysis Inc. またはその関連企業(総称して「Chainalysis」)の管理下にない第三者のサイトへのリンクが含まれています。これらの情報へのアクセスは、Chainalysisがそのサイトの内容またはその運営者と関係を暗示、是認、承認または推奨していることを意味するものではありません。またChainalysisは、該当サイトに掲載されている製品、サービス、その他コンテンツに対して一切の責を負うものではありません。  Chainalysisは、本レポートにある情報の正確性、完全性、適時性、適合性および有効性を保証するものでも、本レポートのいかなる部分の誤り、脱落その他の不正確さに起因する請求にも責任を負うものでもありません。 (以上)

Data

Latin America’s Key Crypto Adoption Drivers: Storing Value, Sending Remittances, and Seeking Alpha

Latin America is the seventh largest cryptocurrency market in our index this year, with citizens of Latin America countries receiving…

Data

Eastern Europe’s Crypto Market Active, With Spikes in Last Year Driven by Russia-Ukraine War

Eastern Europe is the fifth-largest cryptocurrency market we study, with $630.9 billion in value received on-chain between July 2021 and…

Data

Middle East & North Africa’s Crypto Markets Grow More Than Any Other Region in 2022

Middle East & North Africa (MENA) may be one of the smaller crypto markets in the 2022 Global Crypto Adoption…

Data

How Cryptocurrency Meets Residents’ Economic Needs in Sub-Saharan Africa

Sub-saharan Africa accounts for the least cryptocurrency transaction volume of any region we study, with $100.6 billion in on-chain volume…

Data

Crypto Adoption Steadies in South Asia, Soars in the Southeast

Central & Southern Asia and Oceania (CSAO) is the third largest region in our global crypto adoption index this year, with citizens of CSAO countries receiving $932 billion in cryptocurrency. It's also home to seven of the top twenty countries by rank. In this Geography of Cryptocurrency Report preview, we explain why.

Geos Report Cover with a stylized image of a globe centered on Africa and Europe
Data

The 2022 Global Crypto Adoption Index: Emerging Markets Lead in Grassroots Adoption, China Remains Active Despite Ban, and Crypto Fundamentals Appear Healthy

We’re excited to share with you Chainalysis’ 2022 Global Crypto Adoption Index. For the third consecutive year, we ranked all…

Data

How The Ethereum Merge May Impact the Crypto Ecosystem: On-chain Indicators to Watch

On or around September 15, 2022, the Ethereum blockchain (Eth) is expected to switch its consensus mechanism from proof-of-work (PoW)…

Data

2022年上半期 暗号資産関連犯罪 レポート:暗号資産市場の下落と共に違法行為は減少するも、注目すべき例外も

暗号資産市場にとって2022年上半期(1~7月)はこれまでのところ、激動の展開となっています。5月と6月には、暗号資産全体で大幅な価格の下落が見られました。8月初旬の時点が底値と言えるかは分かりませんが、7月の価格は比較的安定しており、Bitcoinは2万ドルから2万4,000ドルの価格で推移しました。では、こうした市場の低迷が、違法な暗号資産の動向にどんな影響を与えているのでしょうか? 2022年上半期の暗号資産の総取引額は、違法、及び正当な(適法)エンティティのいずれも2021年の同時期の総取引額を下回っています。全体としては、価格の下落に直面する中で、犯罪行為の方が回復力を持っているように見受けられます。違法な取引額が前年比15%の低下に留まる一方で、適法な取引額は36%も落ち込んでいます。しかし、集約したデータだけで全てを語ることはできません。暗号資産関連犯罪を形態別に詳しく調べると、2022年になって増加している犯罪もあれば、市況全体より減少している犯罪も存在します。以下では、その両方の例を取り上げ、犯罪者が市況に対してどのように反応したか、そしてその理由について考察します。 2022年になって減少した違法行為 詐欺 2022年上半期に詐欺行為(スキャム)によって不正に得られた現在までの収益は16億ドルで、2021年同期比では65%の減少となっています。この減少は、通貨全体の価格の下落に連動しているように見受けられます。 2022年に入り、詐欺行為によって得られた収益は、Bitcointの価格とほぼ一致する形で減少しています。また、下図のように、減少しているのは詐欺による収益だけではありません。2022年上半期の詐欺行為に対する累積入金件数は、過去4年間で最も低くなっています。 これらの数字からは、暗号資産関連の詐欺に遭う人が、今までになく減少していることが推察されます。理由の1つとして考えられるのは、(通常、莫大な利益が約束された受動的な暗号資産投資の機会となる)暗号資産関連の詐欺行為が、資産価格の下落によって、詐欺の対象として狙われる被害者側にとっても魅力的ではなくなっているという点です。また、価格上昇時に詐欺に遭う可能性が高い、経験の浅い新規ユーザーが、誇大広告や素早く収益を確保できるといった口車に乗せられるのとは対照的に、価格が下落している現在、そのような詐欺の手口に騙されるユーザーも減少していると考えられます。 さらに、2019年に被害者から20億ドル以上を稼いだPlusTokenや、2021年に15億ドル以上を稼いだFinikoなど、桁外れに大規模な詐欺によって、詐欺の収益全体が大きな影響を受けている点にも留意する必要があります。2022年の現時点までに判明した詐欺は、いずれのレベルにも達していません。 2022年の詐欺 トップ3 2021年の詐欺 トップ3 詐欺の名称 7月までの総収益額 詐欺の名称 7月までの総収益額 JuicyFields.io 2億7,393万5,606ドル Finiko 11億6,411万5,620ドル…

Data

Mid-year Crypto Crime Update: Illicit Activity Falls With Rest of Market, With Some Notable Exceptions

2022 has been a tumultuous year for cryptocurrency markets, with significant price declines across all currencies in May and June.…