Blog

Chainalysis

Chainalysis

KuCoinのハッキング事件: DeFiがどのようにロンダリングに使われたか

2020年9月25日、KuCoinがハッキングを受け、2億7,500万ドルを超える額の暗号資産が流出しました。これはKuCoinで発生したこれまでの流出事件の中でも最大級の被害額です。流出したと判明している暗号資産は以下の通りです。 1,008 BTC ($10,758,404.86) 11,543 ETH ($4,030,957.90) 19,834,042 USDT-ETH ($19,834,042.14) 18,495,798 XRP ($4,254,547.54) 26,733 LTC ($1,238,539.89) 999,160 USDT ($999,160) 1億4,700万ドル相当の各種ERC-20トークン…

Chainalysis

The KuCoin Hack: What We Know So Far and How the Hackers are Using DeFi Protocols to Launder Stolen Funds

Last Friday, September 25, 2020, hackers stole more than $275 million worth of cryptocurrency from KuCoin in one of the…

Chainalysis

Chainalysis Doubles Down on APAC Presence with New Singapore and Tokyo Offices

Chainalysis, the blockchain analysis company, today announced the opening of two new offices in Tokyo and Singapore, doubling  down on…

Chainalysis

Wyoming Partners with Chainalysis to Combat Money Laundering and Illicit Digital Asset Activity

Chainalysis, the blockchain analysis company, today announced its partnership with the State of Wyoming’s Division of Banking, the banking regulator…

Chainalysis

Eastern Europe: High Grassroots Adoption, Outsized Darknet Market and Ransomware Activity

This blog is an excerpt from the Chainalysis 2020 Geography of Cryptocurrency Report. Click here to download the whole thing!…

Chainalysis

Remittances and Fiat Currency Devaluation Drive Africa’s Growing Cryptocurrency Economy, and Big Exchanges Recognize the Opportunity

This blog is an excerpt from the Chainalysis 2020 Geography of Cryptocurrency Report. Click here to download the whole thing!…

Chainalysis

How Latin America Mitigates Economic Turbulence with Cryptocurrency

This blog is an excerpt from the Chainalysis 2020 Geography of Cryptocurrency Report. Sign up here and we’ll email you…

Chainalysis

Chainalysis in Action: Justice Department Demands Forfeiture of 280 Cryptocurrency Addresses Associated with North Korea Exchange Hackers

Today, the U.S. Department of Justice (DOJ) unsealed a civil forfeiture complaint against the holders of 280 cryptocurrency addresses involved…

Chainalysis

Chainalysisの対応: 米国司法省による北朝鮮の取引所ハッカー関連の暗号資産アドレス没収の申し立て

2020年8月27日、Lazarus Groupとして知られる北朝鮮系ハッカーによる約2.87億ドル相当の暗号資産窃取に関連する、280件の暗号資産アドレスの所有者に対し、米国司法省は民事没収の訴状を提出しました。この訴状では、その北朝鮮系グループが行った2つ目の取引所ハッキングに関する資金移動についても分析しています。 本件は、Lazarus Groupが暗号資産取引所から盗んだ資金をロンダリングする手法がますます洗練化していることを如実に表しています。しかし、そのようなロンダリングにも関わらず、FBIやHSI、IRS-CIといった捜査機関は資金を追跡し、その最終的な行方を突き止めることができました。さらに、場合によっては、取引所でもハッカーが盗んだ資金を入金したり取引したりするのを防げたこともあります。 国家ぐるみでますます洗練化する企てに直面する中、Chainalysisの政府機関のパートナーが国家の安全を揺るがす案件に対処できたことは非常に喜ばしいことです。また、弊社はそのような機関のお客様に調査ツールを提供し、サイバー犯罪者が高度な手法を使ってロンダリングしようとする資金を追跡する一助となっていることを誇りに思います。さらに、そのような資金の取引を防ぐのに必要なトランザクションモニタリングツールを取引所に対して提供していることについても同様です。 米国司法省の訴状の全文はこちらから確認できます。本記事では以下にケースの一部を取り上げ、Lazarus Groupがマネーロンダリングの手法をどのように高度化してきているか、政府機関や取引所がどのようにブロックチェーン分析で対策しているか、について詳説します。 ますます洗練化するLazarus Groupのマネーロンダリング手法 訴状に関連する2つの取引所のハッキングで盗まれた資金には、ビットコイン、イーサリアム、アルゴランドの3種類の暗号資産が含まれています。ただし、ハッカーは現金化のために利用するサービスへの資金移動を追いづらくするために、チェーンホッピングと呼ばれる手法を用いています。これは、資金を他種類の暗号資産に替えることで、ブロックチェーン上の追跡を困難にするというものです。この手法で、ハッカーは盗んだ資金をビットコインに替え、他のサービスで現金化を行いました。 この動きの例として、このグラフではハッカーが盗んだビットコインの一部を動かしている 様子を、以下のChainalysis Reactorのグラフで確認できます。 グラフの右下部を見ると、ハッカーがビットコインを2つの取引所(Exchange 4、Exchange 9)から移動させていることがわかります。このビットコインは前述のチェーンホッピングにより、ハッキングで盗んだ他種類の暗号資産から替えたものです。捜査官は、ブロックチェーン分析ツールによってビットコインに替えられるまでの暗号資産の動きを追跡し、替えられた後のビットコインが”Exchange 6”に移動したことを突き止めました。 Lazarus Groupのハッカーが新しいマネーロンダリングの手法を用いている一方、以前から変わっていないこともあります。それは、OTCブローカーを用いた暗号資産の現金化です。OTCブローカーは、公開市場を利用したくない(できない)個人の買い手や売り手の間で、取引を仲介する役割を担っています。通常OTCブローカーは、独自の場所というよりも取引所で活動してますが、このようなOTCブローカーは、多額の暗号資産を決められた価格で現金化したいトレーダーによく利用されています。 グラフの右上部を見ると、ハッカーが盗んだ資金の大部分を”Exchange…

Chainalysis

Chainalysis Partners with Leading Australian Cryptocurrency Businesses

Chainalysis, the blockchain analysis company, today announced partnerships with leading Australia-based payments provider Assembly Payments and cryptocurrency exchanges CoinSpot and…

Chainalysis

East Asia: Pro Traders and Stablecoins Drive World’s Biggest Cryptocurrency Market

This blog is an excerpt from the Chainalysis 2020 Geography of Cryptocurrency Report. Sign up here and we’ll email you…

Chainalysis

Chainalysisの対応: ブロックチェーン分析による2つのテロ資金調達キャンペーンの断絶を米国司法省が発表

本日、米国司法省(DOJ)は、FBIやHSI、IRS-CIの複数機関による調査の結果、暗号資産による寄付を利用した2つのテロ資金調達キャンペーン(及び暗号資産を利用しなかった3つ目のキャンペーン)が断絶されたことを発表しました。この調査により、テロ資金調達に関連する暗号資産の押収は史上最大規模となり、100万ドル以上の暗号資産がテロ資金調達キャンペーンや無免許のマネーサービスビジネス(MSB)を運営する金融ファシリテーターから回収されました。 Chainalysisのツールが、暗号資産の寄付に頼った2つのキャンペーンの調査に役立ったことは弊社の誇りです。これら2つのキャンペーンのうちの1つはアルカイダとその関連テログループによって実施されましたが、もう一方はハマスの軍事部門であり、欧米諸国のほとんどでテロ組織と認定されているアルカッサム旅団によって実施されました。アルカイダは特に、シリアのイドリブに拠点を置く暗号資産取引所BitcoinTransferに依存しており、この取引所はアルカイダの他の資金調達キャンペーンも促進していました。BitcoinTransferの運営と取引履歴の詳説は、こちらの最新の情報概要でお読みいただけます。 これらの事案は、テロリストグループが伝統的に資金移動に利用してきた無免許のMSBやハワラネットワークなどの金融ファシリテーターやインフラが、暗号資産を採用し始めていることを示しています。ブロックチェーン分析により、テロリストグループがソーシャルメディア上で行っている寄付キャンペーンや、テロリストグループの活動を支える金融ネットワークをさらに調査することが可能になります。Chainalysis Reactorを利用すれば、誰が資金を送ったのか、誰が資金洗浄を手伝ったのか、資金で購入した商品やサービスなどを明らかにする手がかりがつかめます。 以下に、アルカイダやアルカッサム旅団の暗号資産によるテロ資金調達キャンペーンの詳細、ブロックチェーン分析で捜査官がそれらを阻止した方法を紹介します。 アルカイダのテロ資金供与とマネーロンダリングインフラ アルカイダや、シリアで主に活動している複数の関連テロリストグループは、寄付金によるテロ資金調達やマネーロンダリングのための暗号資産ベースのインフラを立ち上げました。刑事告訴状によると、当該組織は多層トランザクションを使用して、これらの寄付金のアドレスの中央ハブへの移動を難読化し、そこから資金を個々のグループに再分配しています。ブロックチェーン分析を通じて、Chainalysisはシリアのイドリブに所在するBitcoinTransfer Officeを特定しました。これは刑事告訴状に(当該グループの)中心ハブとして指されているサービスです。BitcoinTransferは、暗号資産取引所であることを主張していますが、いくつかのテロ資金調達スキームに関与しており、完全にテロリストグループの制御下にあるとみられます。このサービスが2018年12月下旬にアクティブになって以来、28万ドル以上相当のビットコインがBitcoinTransferを通っており、その多くはテロ資金に関連しています。 複数のテロリストグループは独自に寄付を募っていましたが、そのほぼすべてのグループが同様の戦略を採っていました。シリアで活動する慈善団体と名乗り、主にTelegramやFacebookなどのソーシャルメディアやメッセージングプラットフォーム上でビットコインの寄付を募るのです。しかし、表面的には慈善団体を装っているにもかかわらず、これらのグループは、以下のスクリーンショットにあるように、寄付金が過激派グループの武器購入に使われることを示す投稿を度々掲載していました。   2019年5月、そのようなグループの1つであるTawheed & Jihad MediaのTelegramページを監視していた捜査官は、そのページ管理者がビットコインアドレスと共に「ムジャヒディーンのための弾丸とロケット」のための資金調達キャンペーンを推進しているのに気づきました。そのアドレスは、司法省の訴状には”Defendant Property AQ1”(被告財産AQ1)と記載されており、以下のChainalysis Reactorのグラフにも記載されています。 新しいタブで画像を開くと拡大します   捜査官は、寄付が入ってきたときにそのアドレスを監視し、グループの管理者が最終的に(”Defendant…

Chainalysis

Chainalysis in Action: Department of Justice Announces Takedown of Two Terrorism Financing Campaigns with Help from Blockchain Analysis

Today, the U.S. Department of Justice (DOJ) announced the disruption of two terrorism financing campaigns that utilized cryptocurrency donations (and…

Chainalysis

North America’s Cryptocurrency Market: Conservative Buy-and-Hold Strategy Dominates as Institutional Investors Move In

This blog is an excerpt from the Chainalysis 2020 Geography of Cryptocurrency Report. Sign up here and we’ll email you…

Chainalysis

Fighting Back Against SIM Swap Attacks with Blockchain Analysis

Nearly every important service we interact with — email addresses, social media platforms, bank accounts, cryptocurrency wallets — lives on…